タイ総選挙と貧富の格差

戴冠式を理由に軍事政権の区切りとなる2月選挙は、再度延期になりそうな気配がありますね。

今更ですが、以下のURLに記載されている貧富の状況(情報は4年前のものです。)を見ると、貧困層に寄り添った政党が票を集めそうです。でも力を持っているのは富裕層。再度、摩擦がおきないことを期待します。


タイの貧困層13% 東北・北部に集中

http://www.newsclip.be/article/2014/11/30/23990.html

銀行口座をみると、預金額1000万バーツ以上の口座は全体の0・1%だが、預金額は全体の46・5%を占めた。5万バーツ以下の口座は数が全体の86・4%、預金額は全体の3・4%だった。

 

Apple インド市場に向けたロードマップ(2018年4月)

iPhone SEに続き、iPhone 6s Plusもインドで生産という発表がありました。ここのところAppleがインドでの生産に積極的なのは、インドにおけるiPhone利用率が3%という低水準をなんとかしたいという事情がありそうです。

AppleとしてはApple Storeの現地展開は悲願であり、これにより高品質サービスとともにブランド力を高めて行きたい思いあり。ただ、Appleのような”シングルブランドリテール”が自身で事業をするためには、インドの規制「30%調達ルール」をクリアしなければいけません。※金額にして30%の部品調達をインド国内から調達すべし。というもの。

経緯としてはこんな感じでしょうか。Appleの切望している様子がみてとれます。 続きを読む →

TNF 100参加(2018年2月-1週目)

週単位で振り返りが功を奏すとのこと。

今週はなんといってもTNF 100です。 North Face Thailand 主催のトレイルランで100k, 50k, 25k, 15k のカテゴリがあり、50kに参加。

舗装路でも50km走ったことがないため、どうなるかわかりませんでしたが、「耐久レースで何とかゴールすること」が唯一の特技。フルIRONMANと時と比べても、不安/緊張はなく、「楽しんでやれ」という気持ちで臨みました。

続きを読む →

月間200km ラン達成(2018年1月)

ハーフIRONMAN 5時間半切りを目標に、相対的に弱いランを当面強化。宣言通り、この1月はランのみで、月間200kmをなんとか達成しました。うち、180kmはトレッドミルw

なにかとやらない理由を探してしまうメンタル最弱の私は天気、気候、仲間との集合時間に左右されないアパートのジムにあるトレッドミルは練習習慣を身につけるには良い環境でした。

Lionel Sandersがほぼインドア練習ということを知り、迷いがなくなったこともあり。

伝道師、八田さんが週単位で管理すべきと書いてあったので、週別での集計
1週目:75km,   8:20
2週目:33km,   4:25
3週目:26km,   2:20 (日本帰国中練習せず)
4週目:35km,   3:55 (日本帰国中練習せず)
5週目:33km,   3:20 (3日間)

まずは8時間/週の体力と習慣を目指す。からは、まだまだだが、200km/月は月間走行距離PBであり、自賛することにする。

ちなみに2月に食い込んだので1月の集計にいれてないが、最終週はTNF 100でトレラン50kmを8時間丁度でなんとか完走。

トライアスロンレベルと練習内容の関係(量か質か)

トライアスロントレーニングにおいて重要は量なのか質なのかというお題。

トレーニング理論は数あれど、ただ、それが自分のレベルにあったコンテンツかは自分で考え、検証してかなければいけない。(ということが肌感覚としてようやく理解してきた。)

質/量についても、同様。最近では「質」重視の内容が多いが、はたして。

ちなみに私のレベルはというとハーフ6時間切り未達、今年5時間半を目指す程度。中級者入り口といったレベルかと思っている。 続きを読む →

2018年、トライアスロンに向き合う年

2016年末にIRONMAN FULLをやっとこさ初完走。ずっと完走を目標にやってきたもんだから、達成後トライアスロンへ動機付けができず。。

2017年はハーフIRONMAN2本参加したものの、「こなした」だけになってしまった。もちろん目標はあったけど、計画的に活動できてたかというと疑問。(楽しかったけどね!)

2018年はトライアスロンに向き合う年にしたい。
そして今年のゴールを

IRONMAN 70.3 で5時間半を切る

に設定。

続きを読む →

2018年はブログをちゃんと続ける

 

2018年元旦。あけましておめでとうございます。
2017年にブログを立ち上げ、全く更新しなかった1年でした。

そもそもなぜ更新が滞っていたかというと、どうせ書くなら誰かのためになるような情報を。を意識して、タイの経済情報とかタイ在住者しか知り得ない情報で固めようとしたが、結局更新できなかった。

結論、格好つけて格好のよい内容にしようしてて、そんな能力がないがゆえに結局、未公開投稿が完成せず、そのうち未公開記事すら書かなくなった。とそんなとこ。

そもそもアウトプットの弱さの改善のために立ち上げたブログだったはず。

今年は誰が読んでいようと、読んでなかろうと更新する。月間20投稿を目標。

そのためにはテーマは世間の目なんか気にせず、つまりはもっと私的な内容にしていく予定。もとより、FacebookやInstagramと違って誰に向けて発信するものでもないので、自由に書いていきます。

今年の目標とかは大事なネタなので、後日に回します。

2017 IRONMAN World Championship 感想

IRONMAN Kona、今年もドラマがありました。

特にフロデノ。バイクまではトップ層でしたが、ラン直後から背中に激痛が走り急失速。リタイヤかと思いきやエイジグルーパーに混ざってゴールしました。(それでも4時間で完走)

“So many guys out there are still fighting and fighting for a long time and it was my first taste of what some of the age groupers get to feel. Again, my respect for you guys has grown.”

リタイヤがプロとしては常套手段の気がしますが、このようあ想いをもって最後まで走り続けたのは、トライアスロンならではでもあり尊敬に値します。怪我を克服して再度挑戦してほしい。

順位は去年3位だったPatrick Langeが堂々1位。さらにKonaのコースレコード更新。3.8kmを48分泳いで、Bike 180kmを4時間半で完走、その後に2:40でフルマラソンを走るって改めてすごいことです。。

2位のカナダ人はLionel Sandarsは練習のほとんどをインドアでこなす変わり者。KONAであっても、そのやり方が通用すると証明しました。キーンルは惜しくも3位と1分ちょい差で4位。

女子はやはりDaniela Ryfが強かった。アウトローHeather Jacksonは表彰台まで1分弱届かず。Heatherは来年も再チャレンジしてほしい。

Male Pro /
1 8:01:40 Patrick Lange
2 8:04:07 Lionel Sanders
3 8:07:11 David McNamee
4 8:09:59 Sebastian Kienle

Female Pro/
1. 8:50:47 Daniela Ryf
2. 8:59:38 Lucy Charles
3. 9:01:38 Sarah Crowley
4. 9:02:29 Heather Jackson

参照:

https://www.sunshinecoastdaily.com.au/news/reign-ends-for-ironman-world-champion-frodeno/3237949/

http://ap.ironman.com/triathlon/news/articles/2017/10/ironman-world-championship-womens-recap.aspx#axzz4vZRuOXjd

プーケットでサーフボードを作った

バンコクに来てから度々プーケットに訪れ、見様見真似でサーフィンを楽しんでいる。

普段はレンタルサーフボードを使っていたが、ふと自分のボードあったら楽しいかも。なんてことを思いついてしまった。

ビギナーだし頻繁にするわけでもないので当初は中古で手頃なものを探すが、
バンコクもしくはプーケットでボード入手可能を探していた折、ネットでプーケット在住のシェイパーを発見。

Elleciel Custom Surfboards
http://www.elleciel.com/

続きを読む →