Apple インド市場に向けたロードマップ(2018年4月)

iPhone SEに続き、iPhone 6s Plusもインドで生産という発表がありました。ここのところAppleがインドでの生産に積極的なのは、インドにおけるiPhone利用率が3%という低水準をなんとかしたいという事情がありそうです。

AppleとしてはApple Storeの現地展開は悲願であり、これにより高品質サービスとともにブランド力を高めて行きたい思いあり。ただ、Appleのような”シングルブランドリテール”が自身で事業をするためには、インドの規制「30%調達ルール」をクリアしなければいけません。※金額にして30%の部品調達をインド国内から調達すべし。というもの。

経緯としてはこんな感じでしょうか。Appleの切望している様子がみてとれます。 続きを読む →